色々ある仮想通貨の種類 | ビッドコインから各種銘柄大集合

仮想通貨には有名なビットコインだけでなく様々な種類があり、その銘柄ごとによって特色が全く違っている特徴があります。
もちろん時価総額ランキングの下位に位置している仮想通貨は一般的に時価総額ランキングで上位の主要通貨の機能をそのまま継承した特徴のない通貨がありますが、ランキングの上位にある通貨のほとんどはそれぞれの特色や機能が異なっているのです。

例えば時価総額一位のビットコインはそれ以外のコインを全てビットコイン建てで購入することができます。
海外の仮想通貨取引所ではアメリカのドルや韓国のウォンなどの法定通貨だけでなく仮想通貨でアルトコインを購入することができるのです。
そのためビットコインの値段が下がるとそれ以外のアルトコインは全て値下がってしまいます。
他のアルトコインを購入するためにはビットコインを購入しないといけないので、一定の需要がありそれが価格にも反映されているのです。
ただし現在は現在基軸通貨になっていますが、他の仮想通貨でもアルトコインを購入できるように整備が整っていく傾向があるのです。
そのためいつまでも時価総額で一位を維持するためには様々な機能が重視されるようになるでしょう。

他の種類のアルトコインで時価総額ランキングで二位のEthereumはビットコインと違ってスマートコントラクトという通貨そのものに機能をもたせています。
この機能がつけることによりプログラミングができる人であれば、指定した条件に一致したら通貨を任意のコードに送金することができるのです。
もちろん通常の通貨として使用するだけでなくEthereumのブロックチェーンを活用してゲームを開発したりしています。
このゲームは従来のオンラインゲームとは違って改ざんを検知することができます。
Ethereumのブロックチェーンを活用することにより改ざんを検知して不正を防ぐことができるのです。
改ざんを検知することはお金の管理を徹底するためにも重要です。
今後も機能が次々と追加されていくので期待できると言えるでしょう。
ただしEthereumのデメリットはICOを行いやすくしている点です。

ICOとは資金調達のことであり、企業や組織が特定の目的のためにお金を集めるために新たな通貨を作ることを言います。
しかしこのICOを活用して不正な資金調達を行なっている企業や組織が存在しているのです。
これらがEthereumの価値を下げてしまうのではないかと言われています。
時価総額ランキングで三位のRippleはEthereumとは違って送金速度が向上しているという点があります。

特にRippleの送金速度はクレジットカード並とも言われており、非常に使いやすく様々なアプリが開発されているのです。
Rippleの特徴はこれだけでなく、通常の通貨と違ってマイニングがありません。
マイニングを活用することができないので不正なノードがネットワークに参加してしまうというリスクを避けることができるのです。
不正なノードがブロックチェーンのネットワークに参加してしまうと不正な取引を行われてしまいます。
特に送金を拒否させてしまったり、送金先を別の物にすることができたりなど不正行為を行う人の都合の良いようになってしまうのです。
Rippleの最大の特徴であるブロックチェーンのネットワークが適切に管理されているということは不正が行われないということなのです。
ただしRippleのデメリットは通常の銘柄とは違ってRipple社が発行しているRippleの半数以上を確保しているという点です。
現在時価総額ランキングでは三位に位置しているのですが、Ripple社の判断次第で時価総額が下がってしまうこともありえます。
中央集権的なので通常の通貨のメリットである非中央集権が好みの投資家からは敬遠されているのです。

最後に仮想通貨のアルトコインの中でも事件によって有名になった銘柄であるNEMがあります。
NEMはほとんどの通貨の良い面を吸収した通貨という言えるでしょう。
特にEthereumで活用されているスマートコントラクトを活用することができますが、Ethereumと違ってプログラミング言語を勉強する必要がなく直感的に機能を追加することが可能です。
RippleのようにNEMのブロックチェーンのネットワークはNEM財団によって適切に管理されており、不正な端末がブロックチェーンに参加することを防ぐことができるのです。
ブロックチェーンの安全性が確保されているので、証明書の発行もNEMを活用して行うことができます。
もちろんNEMにはマイニングは存在していません。
NEMは以前コインチェック社から流出してしまいましたが、あれは取引所のセキュリティの問題でありNEMのブロックチェーンには問題はありません。
現在では価格が下がっているので購入も用意になっているというメリットがあるのです。